JALマイルと Pontaポイントの交換について

JALのサイトに 2014年11月10日(月)、JALとロイヤリティ マーケティングが提携 PontaポイントとJALマイレージバンクがより便利に と題したプレスリリースが掲載されました。

JALマイルと Pontaポイントの相互交換サービスが 2015年春より開始になるそうです。

交換レート(予定)は、以下の通り。

JALマイルから Pontaポイントへの交換

3000マイル以上 1万マイル未満の場合、1マイル → 0.5Pontaポイント
1万マイル以上の場合、1マイル → 1Pontaポイント
※ 3000マイルから交換可能(1000マイル単位)。JALのWEBサイトで受付予定

Pontaポイントから JALマイルへの交換

2 Pontaポイント → 1マイル
※ 2 Pontaポイントから交換可能(2 Pontaポイント単位)。PontaのWEBサイトで受付予定

JALマイレージバンクのマイルから Pontaポイントへの直接交換が可能になることは、人によっては便利でしょう。

nanaco で支払い 2014/11/07

2014年11月7日(金)の午後、外出したついでにセブンイレブンに行き、通販の買い物の代金を支払いました。

私が通販で何かを購入する場合、Amazon を利用することが多く、大抵はクレジットカードか Amazonギフトで支払うのですが、今回は家族の者が Amazon 以外の業者を利用。
代金支払い用の振込用紙が商品に同梱されていたため、コンビニ収納代行で支払いすることになりました。

コンビニ収納代行の支払いでの電子マネー「nanaco」使用は、nanacoポイント付与対象外です。

でも、nanaco へのチャージ(入金)がポイント付与対象のクレジットカードでチャージすれば、チャージに対してクレジットカードのポイントは付与されます。

今回、家族の者は現金で支払いするつもりだったのですが、私が支払い作業を代行し、チャージ分のポイントをゲットすることに。

獲得できるのは数百円相当のポイントとはいえ、ありがたいことです。

最近の利用カード 2014/11/07

今日(2014年11月7日)の午前10時頃、手持ちのクレジットカードの見直しを行いました。

今日の時点で、私が最近よく利用しているクレジットカードは、以下の 2枚。

  • 漢方スタイルクラブカード
  • イオンカードセレクト

前者は、漢方薬局の薬日本堂と提携してジャックスが発行するクレジットカードで、高還元率で知られています。

後者は、イオン銀行キャッシュカードにクレジットカード(イオンカード)が一体となった年会費無料カードです。

私は、イオン系の店舗(マックスバリュなど)ではイオンカードセレクトで支払い、他では基本的に漢方スタイルクラブカード(以下、漢方)で支払っています。

漢方スタイルクラブカードは初年度年会費無料で、2年目から年会費として「1500円+消費税」が必要ですが、年間 58万円以上の利用で 1250円相当のボーナスポイントが、年間 100万円以上の利用で 2500円相当のボーナスポイントが付与されますので、年間 100万円以上を利用するなら実質的に年会費無料といえます。

私の手持ちのクレジットカードで、年会費無料なのは、漢方、それと 3種の ANAカード。

ANAカードについては、そろそろ整理しようと思っています。

「UCSカード会員さま5%OFF感謝デー」の現金割引終了

今日(2014年11月6日)の 15時過ぎ、久しぶりに UCSカードのサイトを訪問したところ、「UCSカード会員さま5%OFF感謝デー」の現金割引終了のお知らせの告知ページの存在に気がつきました。

平成27年2月20日をもって、UCSカード会員さま5%OFF感謝デーのカード提示による現金払いでの割引が終了するそうです。

平成27年2月20日以降、「UCSカード会員さま5%OFF感謝デー」の 5%OFF対象になる支払い方法は、ユニコ電子マネー、UCSクイックペイ、UCSカードでのクレジット払いになります。

上記の告知時期を確認したところ、2013年10月18日でした。

そういえば、以前、UCSカードの利用明細と一緒に、この件を告知する紙が送られてきていました。

私はここ数年、月に数百円、某サービスの利用料金の支払いに UCSカードを利用していますが、日常的な買い物では使っていません。

たまには地元のピアゴ(ユニーグループのスーパー)で買い物してみようかと思います。