電子マネー活用法

電子マネーとは、金銭的な価値を、コンピュータで処理可能なデジタルデータで表現し、現金のように代金支払い手段として使用できます。
機能的には、文字通り「電子のお金」です。

日本では、2000年頃から非接触型のICカード技術を用いた電子マネーが普及し始め、現在では、大手スーパー、コンビニ、自販機、ネット通販など、様々なところで利用可能になってきています。

電子マネーの多くは、ポイントプログラムの制度を用意しており、加盟店での電子マネー払いに対し、利用額に応じたポイントが付与されます。
電子マネーへのチャージ(入金)でポイントが付くクレジットカードを利用することによって、クレジットカードと電子マネー、両方のポイントを獲得可能です。

電子マネー活用法のページでは、主な電子マネーについて、概要を紹介し、活用法を簡単にまとめてみるつもりです。