FXの基礎知識

外国為替証拠金取引(FX)を実践する前に知っておきたい基本的な事柄について、簡単に解説していきます。



FXと他の外貨建て金融商品との違い


外貨建て商品には、外国為替証拠金取引(FX)の他に、外貨預金・外貨建てMMFなどがあります。

多くの外貨建て商品では、通常、外貨を買ってから後に売る形の取引になります。
FX取引(外国為替証拠金取引)では、逆に外貨を売ってから一定期間後に買い戻すことも可能になっています。
また、日本円(JPYと略する)しか持っていなくても、「米ドル(USD)を売ってユーロ(EUR)を買う」といった取引も可能です。

また、FX取引では、為替レートが同一の時の「売り相場と買い相場(他の外貨商品でいう、電信買相場(TTB)と電信売相場(TTS))の差(スプレッド)」は、他の金融商品に比べて小さいのが特徴です。



FXの特徴


外国為替証拠金取引(FX)の特徴は、小額の投資金額で取引可能なことです。

一般的な株式投資では、株を買うためには、
「(株価×最低取引単位株式数)+売買手数料」
の金額が必要になります。

株価や取引単位によっても異なりますが、十万~数百万円程度の投資資金が必要です。

それに対し、FX取引では、数万円(だいたい1万円~5万円)の証拠金があれば、証拠金の何倍もの外貨を取引できるシステムになっています。

つまり、FXでは、少額の資金で高い利益を得ることも可能ですが、証拠金以上の額を損する危険もあります。

なお、株などの金融商品で負担になるのが手数料です。
株を買値より高く売却したとしても、手数料分を引くと赤字になる場合もあります。
FX取引でも取引手数料はありますが、往復取引手数料 0円~1,000円くらいですので、大きな負担ではありません。



FXとは?


金融の分野で FXとは、本来、外国為替を意味する「Foreign eXchange」の略ですが、現在の日本では大抵、外国為替証拠金取引(margin Foreign eXchange trading)の意味で使われています。

外国為替証拠金取引とは、証拠金(保証金)を業者に預託し、主に差金決済による通貨の売買を行なう取引のことをいいます。

日本では 1998年に、ダイワフューチャーズ(現・ひまわり証券)、豊商事などが FX取引の取扱いを開始しました。

外国為替証拠金取引の業者には、商品先物会社、証券会社のほか、FX取引を専業で取り扱う業者もあります。