楽天銀行

楽天銀行は、2001年(平成13年)に開業した、日本で 2番目に開業したネット銀行です。
開業当時の名称はイーバンク銀行株式会社でしたが、2009年2月に楽天の子会社となり、2010年5月に名称を楽天銀行株式会社に変更しました。

個人を対象とした預金には、普通預金と定期預金があります。

他に、より高金利を期待できる新型定期預金(満期特約定期預金)もあります。
ただし、新型定期預金決済用は原則として中途解約ができません。
楽天銀行が中途解約に応じる場合でも、解約費用が発生するため、結果的に大きく元本割れする可能性が非常に高くなります。

口座維持手数料は、個人口座・個人ビジネス口座・法人ビジネス口座ともに無料。

未成年者でも口座を開設できます。
ただし、12歳以下の場合、親権者が代理で手続きするため、本人と親権者、両方の本人確認書類の提出が必要です。

楽天銀行の口座を楽天会員リンク登録することによって、ハッピープログラムにエントリーできます。
ハッピープログラムでは、預かり資産残高や楽天銀行の各種サービスの利用状況に応じて、5つの会員ステージを設け、他行振込手数料の 3回無料など、ステージごとに優遇特典を用意しています。


かんたん振込(メルマネ)

楽天銀行では、「メルマネ」と称する、メールアドレスと振込先の口座名義(カナ)を指定するだけで振込できるサービスが提供されています。

メルマネ受取手数料は、0円。
メルマネ登録(仮登録を含む)されているメールアドレスへの振込手数料は、無料。
メルマネ登録されていないメールアドレスへの振込手数料は、一律 160円。


振込

振込手数料(税込)は、
楽天銀行の口座間は無料、
他行宛ては、3万円未満が 160円、3万円以上が 250円。

ゆうちょ銀行本人名義口座への振込は、一律 100円。

給与/年金受取で、他行振込手数料が 3~5回無料になります。


提携ATM

楽天銀行の提携ATMは、以下の通り。
  • セブン銀行
  • イオン銀行
  • イーネット
  • ローソンATM
  • ゆうちょ銀行

提携ATMでの 3万円以上の入金は、無料。

3万円未満の入金手数料は、
セブン銀行とイオン銀行では 210円、他の提携ATMでは 262円。

ただし、ハッピープログラムにより、月に最大7回、ATM手数料が無料になります。